読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤快読ブックレビュー

電車の中で読む本はないかとお探しのあなたに。新旧とりまぜて。

クロスファイア(上/下)【宮部みゆき】 (1998)

f:id:ogihara0308:20170512021944j:plain

 

f:id:ogihara0308:20170512021956j:plain

 

【あらすじ】
念力放火能力(パイロキネシス)という超能力を持って生まれた女性、青木淳子は、力を「ガス抜き」のために放出しに向かった廃工場で、瀕死の男性を運んできた4人の若者を目撃する。淳子は男性を救うために力を解放して、次々と若者を燃やしていくが、そのうちの一人「アサバ」を逃がしてしまう。
瀕死の男性から若者達に恋人の「ナツコ」が連れ去られた事を聞いた淳子は、「ナツコ」を助けるために、わずかな手がかりを元に「アサバ」を探し出す。
果たして、淳子は「アサバ」に制裁を下すことができたのか?

【感想など】
宮部みゆき氏の代表作、そして名作の「クロスファイア」です。
この物語には前日譚があり、「鳩笛草」という短編集に「燔祭(はんさい)」というタイトルで収められています。
「燔祭」のあらすじはと言うと。
高校生の妹を殺害され、復讐を密かに誓う青年・多田一樹の前に、念力放火能力を持つ女性・青木淳子が現れ、協力を申し出る。「私は装填された銃だから」。二人は犯人・小暮昌樹を追い詰めるのだが・・・

「燔祭」での事件が「クロスファイア」で語られる件もあるので、ぜひ、こちらをお読みになってから、「クロスファイア」を読まれることをお薦めします。

さて、「クロスファイア」ですが、とても切ない、悲しい物語ですね・・・。

主人公の青木淳子が、もう愛おしくてしょうがないです。
特殊な力を持って産まれたばかりに、普通の人とは違う、「怒り」の感情を抑圧して生活していかなければいけなかった幼少期。その力をコントロールすることを覚え、その力を正しい方向に使わなければいけないんだ、という悲愴なまでの使命感。「ガーディアン」という組織に加わり、同じような力を持つ者、同じ痛みを持つ者と心を通わせ合うことができて訪れた束の間の安息の日々。そして意外な展開を見せるラストシーン。
主人公・青木淳子の悲しいバックボーンに支えられた心の動き、そして行動が実に細やかに描写されていて、目を逸らすことができなくなります。
念力放火能力を持つ女性が主人公なので、当然と言えば当然ですが、小道具としての「火」の描写が多彩で、そのシーンを頭の中で映像化する際の重要なキーになっており、また、シーンに色を与えるこの上ないエッセンスとなっています。悪者に制裁を加える時の、ムチのように繰り出される炎の描写は、そのシーンにより緊迫感を与え、逆に悪者の残虐さを浮かび上がらせています。一方では、キャンドルにそっと灯される火の描写は、そのシーンに暖かさと懐かしさを与えてれます。
氏のセンスと巧みな表現力が光りますねー。
ラストシーンは、ちょっと賛否が分かれるかも知れないですね。これは、ハッピーエンドなのか、悲惨な結末なのか・・・。
私としてはどうしようもなく悲惨な、救いようのない結末と捉えていて、だからこそ、上で「切ない、悲しい物語」と書いたのですが、考えようによっては、「やっと彼女がその力から(その力ゆえの使命感から)解放された瞬間なのだから」という意味でハッピーエンドだと言えないこともないですね。

事件の状況を整理して我々に解説してくれる石津ちか子というオバサン刑事が、緊張感を適度に和らげてくれる役回りで、いい味出しています。

最初から最後まで、主人公・青木淳子に感情移入しまくりで一気に読める、極上の作品です。

【評価】
★★★★★

【映像化】
「燔祭」と「クロスファイア」がミックスされたオリジナル・ストーリーで、2000年に映画化されています。キャストは、主人公・青木淳子に矢田亜希子さん、妹の復讐を誓う青年・多田一樹に伊藤英明さん、石津ちか子刑事に桃井かおりさんという配役でした。ちなみに、長澤まさみさんのデビュー作でもあります。

配役に賛否があるのですが、個人的にはとても好きな映画で、小説とは違うラストシーンなのですが、こちらのラストもかなり好きです。

また、「燔祭」は2010年にTVの「世にも奇妙な物語」でドラマ化されています。その時のキャストは、青木淳子に広末涼子さん、多田一樹に香川照之さんでした(多田一樹、年取りすぎてない?)。

もう一度ドラマ化するのであれば、キャストは青木淳子に木村文乃さん、多田一樹に高橋一生さん、石津ちか子に片平なぎささんでお願いしたいですね。

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!