読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通勤快読ブックレビュー

電車の中で読む本はないかとお探しのあなたに。新旧とりまぜて。

グラスホッパー 【伊坂幸太郎】 (2004)

 

【あらすじ】

妻をひき逃げした男に復讐するために、裏社会でその男の父親が経営する会社に入社した鈴木。だが、その男は目の前で車に轢かれてしまった。裏の業界には「押し屋」と呼ばれる殺し屋がいるという。命じられるままに「押し屋」を追った鈴木だったが、待っていたのは、妻と幼い息子のいる温かい家庭だった。

一方、自殺専門の殺し屋「鯨」は過去を清算するために、ナイフ使いの殺し屋「蝉」は手柄を立てるために「押し屋」を探していた。

鈴木、「鯨」、「蝉」、「押し屋」の4人の運命が交錯するその時・・・。

【感想など】

人間は誰でも心に闇を抱えて生きているものだと思うのですが、この作品の登場人物の心の闇はハンパないです。「鯨」「蝉」「押し屋」は殺し屋なので、その闇の深さの当然なところがあるのですが、唯一の一般市民の鈴木にしても、とんでもない闇を抱えています。交わることのなかった四つの闇が、ある事件をきっかけにしてだんだんとその距離を縮め、やがては交錯していく、その過程は非常にスリリングであり、読む者の心をガッチリ捕らえて離しません。

闇と闇が交錯しても、より一層深い闇になるだけで、決して光にはなるはずがありません。なので、ストーリー全編に渡ってトーン暗めで、当然のことながらハッピーエンドなんて期待してはいけません。闇と闇が交錯して、より深い闇になって、そのまま、暗澹たる思いのまま、終わっていきます。が、ラストシーンで、鈴木にだけは、ほんのわずかな光が射します。詳しくは書きませんが、そのシーンだけでストーリー全体がほんの少し、救われたような思いです。

殺し屋の話なので、随所に殺しのシーンがあります。しかし、作者は敢えてスプラッター的な、猟奇的な描写にはしていないのでは、と思います。むしろ、部品がひとつひとつ取れて物が壊れていくような淡々とした描写で、儚さ、脆さといった印象を心に残すのですが、それがまた一層「殺し屋」の闇の深さを浮き彫りにしているような気がします。

感情移入するにもなかなか難しいキャラクター設定ですが、一般市民・鈴木の立場で読んでみると面白いと思います。

ハッピーにはなれないかも知れませんが、読み応えはバッチリです。

【評価】

★★★★✩

【映像化】

2015年に映画化されています。キャストは、主人公・鈴木に生田斗真さん、「鯨」に浅野忠信さん、「蝉」に山田涼介さん、「押し屋」に吉岡秀隆さん、という配役です。

この配役はドンピシャですね。かなり小説のイメージに近いと思います。「蝉」役の山田涼介さんは、今までドラマでは「金田一少年の事件簿」くらいしか知らなかったので、冷徹な殺し屋役にはちょっと驚きましたが、見事にハマってましたね。

終盤以降が小説とやや異なっていますが、違和感はなかったです。ぜひ映画のほうもご覧いただきたいですね。

 

クロスファイア(上/下)【宮部みゆき】 (1998)

f:id:ogihara0308:20170512021944j:plain

 

f:id:ogihara0308:20170512021956j:plain

 

【あらすじ】
念力放火能力(パイロキネシス)という超能力を持って生まれた女性、青木淳子は、力を「ガス抜き」のために放出しに向かった廃工場で、瀕死の男性を運んできた4人の若者を目撃する。淳子は男性を救うために力を解放して、次々と若者を燃やしていくが、そのうちの一人「アサバ」を逃がしてしまう。
瀕死の男性から若者達に恋人の「ナツコ」が連れ去られた事を聞いた淳子は、「ナツコ」を助けるために、わずかな手がかりを元に「アサバ」を探し出す。
果たして、淳子は「アサバ」に制裁を下すことができたのか?

【感想など】
宮部みゆき氏の代表作、そして名作の「クロスファイア」です。
この物語には前日譚があり、「鳩笛草」という短編集に「燔祭(はんさい)」というタイトルで収められています。
「燔祭」のあらすじはと言うと。
高校生の妹を殺害され、復讐を密かに誓う青年・多田一樹の前に、念力放火能力を持つ女性・青木淳子が現れ、協力を申し出る。「私は装填された銃だから」。二人は犯人・小暮昌樹を追い詰めるのだが・・・

「燔祭」での事件が「クロスファイア」で語られる件もあるので、ぜひ、こちらをお読みになってから、「クロスファイア」を読まれることをお薦めします。

さて、「クロスファイア」ですが、とても切ない、悲しい物語ですね・・・。

主人公の青木淳子が、もう愛おしくてしょうがないです。
特殊な力を持って産まれたばかりに、普通の人とは違う、「怒り」の感情を抑圧して生活していかなければいけなかった幼少期。その力をコントロールすることを覚え、その力を正しい方向に使わなければいけないんだ、という悲愴なまでの使命感。「ガーディアン」という組織に加わり、同じような力を持つ者、同じ痛みを持つ者と心を通わせ合うことができて訪れた束の間の安息の日々。そして意外な展開を見せるラストシーン。
主人公・青木淳子の悲しいバックボーンに支えられた心の動き、そして行動が実に細やかに描写されていて、目を逸らすことができなくなります。
念力放火能力を持つ女性が主人公なので、当然と言えば当然ですが、小道具としての「火」の描写が多彩で、そのシーンを頭の中で映像化する際の重要なキーになっており、また、シーンに色を与えるこの上ないエッセンスとなっています。悪者に制裁を加える時の、ムチのように繰り出される炎の描写は、そのシーンにより緊迫感を与え、逆に悪者の残虐さを浮かび上がらせています。一方では、キャンドルにそっと灯される火の描写は、そのシーンに暖かさと懐かしさを与えてれます。
氏のセンスと巧みな表現力が光りますねー。
ラストシーンは、ちょっと賛否が分かれるかも知れないですね。これは、ハッピーエンドなのか、悲惨な結末なのか・・・。
私としてはどうしようもなく悲惨な、救いようのない結末と捉えていて、だからこそ、上で「切ない、悲しい物語」と書いたのですが、考えようによっては、「やっと彼女がその力から(その力ゆえの使命感から)解放された瞬間なのだから」という意味でハッピーエンドだと言えないこともないですね。

事件の状況を整理して我々に解説してくれる石津ちか子というオバサン刑事が、緊張感を適度に和らげてくれる役回りで、いい味出しています。

最初から最後まで、主人公・青木淳子に感情移入しまくりで一気に読める、極上の作品です。

【評価】
★★★★★

【映像化】
「燔祭」と「クロスファイア」がミックスされたオリジナル・ストーリーで、2000年に映画化されています。キャストは、主人公・青木淳子に矢田亜希子さん、妹の復讐を誓う青年・多田一樹に伊藤英明さん、石津ちか子刑事に桃井かおりさんという配役でした。ちなみに、長澤まさみさんのデビュー作でもあります。

配役に賛否があるのですが、個人的にはとても好きな映画で、小説とは違うラストシーンなのですが、こちらのラストもかなり好きです。

また、「燔祭」は2010年にTVの「世にも奇妙な物語」でドラマ化されています。その時のキャストは、青木淳子に広末涼子さん、多田一樹に香川照之さんでした(多田一樹、年取りすぎてない?)。

もう一度ドラマ化するのであれば、キャストは青木淳子に木村文乃さん、多田一樹に高橋一生さん、石津ちか子に片平なぎささんでお願いしたいですね。

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!

 
 
 

 

リバース 【湊かなえ】 (2015)

f:id:ogihara0308:20170506173519j:plain

 

【あらすじ】

深瀬和久は平凡なサラリーマン。自宅の近所にある「クローバー・コーヒー」に通うことが唯一の楽しみである。ある日、深瀬はそこで越智美穂子という女性に出会う。彼女と付き合うようになり、淡々とした日々が急に華やぎ始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。「深瀬和久は人殺しだ」。深瀬は悩み、遂にあの日の事を打ち明ける決心をする・・・。

【感想など】

まさに今、現在進行形でTV連続ドラマとして放映されていますが、小説とドラマではストーリーや登場人物に若干の違いがあるので、小説のほうの読後感を書きます。

ご本人が「あとがき」で、「編集部からの要望もあり、最後の一行が書きたかったために執筆した小説」というようなことを言われており、確かに、最後の一行のインパクトは非常に大きく、それまでモヤモヤしていたものがその一行でスパッと「ああ、そういうことだったのか!」と明白になる、という絶大な効果を持つ一行であることに間違いはありません。

しかし、個人的には、ちょっと納得できないというか、絶大な効果を持つ一行ではあるのですが、同時に、絶大な不幸が待っていることが明白になる一行なんですよね。このストーリーの結末の付け方、ストーリー終了後の(負の)余韻というのは、自分にとっては非常に気持ちが悪く、いい印象であるとは言えませんね・・・。

皆さんの感想も、ぜひお聞きしてみたいです。

【評価】

★★✩✩✩

【映像化】

TVドラマでは、主人公の深瀬和久を藤原竜也さん、ヒロインの越智美穂子を戸田恵梨香さんが演じられています。原作を読んだ感じではもう少し若目の印象なのですが、ドラマをみた感じでは、それほど違和感はないですね。

問題の結末をドラマではどのようにつけるのか、楽しみに見てみたいと思います。

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!

 

 

エチュード 【今野敏】 (2010)

f:id:ogihara0308:20170426012045j:plain

 

【あらすじ】

渋谷、新宿で発生した連続通り魔殺人事件。なぜか誤認逮捕が繰り返される事態について、警視庁より送り込まれた心理調査官・藤森紗英は、巧妙な「犯人すり替え」トリックが潜んでいることを指摘する。警部補・碓氷弘一は、藤森紗英とともに捜査を行うが、真犯人を探し出して新たな犯行を食い止めることができるのか・・・?

【感想など】

今野敏氏の警部補・碓氷弘一を主人公とした作品はシリーズもの(この作品が第四作)になっているのですが、常に普通とは言えない事件が発生していて、碓氷は毎回違った専門家とコンビを組まされて、事件解決に挑んでいきます。

この作品では、渋谷、新宿で連続通り魔事件が発生するのですが、どちらの事件も、「こいつが犯人だ!」という声を聞いて警察官が犯人を取り押さえるものの、犯人は犯行を全否定、じゃあ、誰が「こいつが犯人だ!」と言ったんだ?というと、誰もその人相、風体を覚えていない・・・という奇妙な事態が起こります。そんな状況を打破すべく、警視庁から心理調査官・藤森が参上し、事件の状況から犯人の心理を分析し、どのようなトリックで「犯人すり替え」が行われたのか、次にまた事件は起こるのか、犯行の動機は何なのか・・・などの問題をひとつずつ解明して行き、真犯人に迫る、というストーリーになっています。

この「犯人すり替え」のトリックは非常に面白いですね。現実的にそんな犯行が可能なのか、というと、ちょっと疑問符がつきますが、物語としては非常に面白い設定だと思います。

心理調査官・藤森のキャラクター設定もよく考えられています。自信満々というタイプではなく、常に「これでいいのだろうか」と疑問を持ちながらも、警部補・碓氷に支えられながら、理詰めで犯人像を絞り込んでいくあたりは、なかなか読み応えがあります。

途中、藤森と真犯人(とは気づいていなかったが)が対峙するシーンがあるのですが、この作品のクライマックスと呼んでもいいかもしれない、超重要シーンです。藤森の、真犯人であるかないかの手がかりを少しでも引き出そうとする問いかけに対して、警察に挑み、常に警察の先を行こうとする犯人が周到に計算された答えを返す、という、水面下での心理戦が緊迫感イッパイでドキドキしてしまいます。

中だるみもなく、飽きずに一気に読み進めることができる、良質の警察小説だと思います。

【評価】

★★★★✩

【映像化】

警部補・碓氷と心理調査官・藤森は誰がいいかなーとか思っていたら、つい先日(4/9)、2時間ドラマで放映されていたようですね。見逃してしまった・・・

その時の配役は、警部補・碓氷=ユースケ・サンタマリアさん、心理調査官・藤森=相武紗季さんでした。

私が考えていた配役は、碓氷=伊原剛志さん、藤森=吉岡里帆さんでした。

皆さんのイメージでは、どちらでしょうか?

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!

 

 

テロリストのパラソル 【藤原伊織】 (1995)

f:id:ogihara0308:20170423014710j:plain

 

【あらすじ】

アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し20年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を探すことになった島村が見た真実とは・・・?

史上初の江戸川乱歩賞直木賞W受賞作。

【感想など】

2007年に若くして逝去された藤原伊織氏のデビュー2作目になります。

さすがに乱歩賞&直木賞の受賞作品で、物語の世界にぐいぐい引き込まれ、一気に読み進んでしまいます。

何と言っても、登場人物のキャラクターが魅力的ですね。主人公の島村からして、アル中で隠遁の身、ということは、一体過去に何があったんだ?と興味を引かれるところです。アル中の割には身のこなしが軽く、ますます経歴の謎が深まります。途中の独白部分で隠遁の理由も明確になるのですが、どうしようもない、救いようのない闇の深さ・・・過去が現代の事件とどう関係して、どう結末をつけるつもりなのか、という疑問の答えが非常に気になり、どんどん引きずり込まれていきます。

そしてヤクザの浅井。非常に頭がキレて、かつ人情に厚い。最初の、敵か味方かわからない微妙な距離感も興味深いのですが、結局は最後まで島村と行動を共にすることになります。彼のような人間が常に自分を見守る位置にいてくれるということは、どんなに心強いことでしょう。

続いて昔の恋人の娘・塔子。男勝りで口が悪いのですが、その行動力が島村の大きな助けになります。男と女としての距離が物語の中でどのように変化していくのかが気になるところです。

その他の登場人物も含めて、共通しているのは、皆が心の中に闇を抱えている、ということでしょうか。その闇の部分が、物語の進行に従ってどのように変化して、どのように共鳴していくのか、と考えながら読んでいくのも面白いと思います。

犯人が途中である程度想像できてしまうので、犯人探しという点では物足りないかも知れませんが、それを差し引いても、事件発生からの展開がダイナミック、かつスリリングで目が離せません。

いろいろな書評を読むと、展開がご都合主義すぎるという辛口の批判もありますが、そんなことはないです。物語として読者を惹きつける力は一級品です。

ぜひ読んでみていただきたい作品です。

【評価】

★★★★★

【映像化】

1996年にTVの2時間ドラマで放映され、その時のキャストは、主人公の島村圭介=萩原健一さん、ヤクザの浅井=大杉漣さん、塔子=木村佳乃さんでした。

ぜひもう一度、映像化してもらえるのであれば、キャストは、島村圭介=佐藤浩市さん、ヤクザの浅井=北村一輝さん、塔子=長澤まさみさん、というのはいかがでしょうか。

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!

 

 

クラインの壺 【岡嶋二人】 (1989)

f:id:ogihara0308:20170415020347j:plain

【あらすじ】

ゲームブックの原作募集に応募したことがきっかけでヴァーチャル・リアリティ・システムの制作に関わることになった青年・上杉。アルバイト募集を見てやってきた少女・高石梨紗とともに、謎につつまれた研究所でゲーマーとなって仮想現実の世界へ入り込むことになった。ところが、二人がゲームだと信じていたそのシステムの実態は・・・?上杉と高石はどうなってしまうのか・・・?

【感想など】

この作品は、岡嶋二人氏(井上泉氏と徳山諄一氏によるコンビのペンネーム)の約20本の長編小説の中でも最高傑作だと思います。

現実とヴァーチャル・リアリティの世界を行き来しているうちに、どちら本当の現実世界なのかがわからなくなってしまった主人公の上杉青年。高石梨紗が存在する世界が現実なのか、それとも、高石梨紗の存在そのものがヴァーチャル・リアリティの世界の中でのことなのか・・・最終的には、自らの命を絶つことでしか、それを判断することができなくなってしまいます。ヴァーチャル・リアリティの世界であれば、それでゲーム・オーバーだけど、最初からもう一度やり直せばいいだけの話、でも、もし現実世界だったら・・・

この作品の面白い(というか恐ろしい)ところは、それが小説の中でのお話、という訳では決してなくて、現代のIT(インフォメーション・テクノロジー)の急激な発展を考えると、いつ本当に起きてもおかしくはない、ということを読後に強烈に実感させられるところです。

ヴァーチャル・リアリティのゲーム機が世に出始めたのは、ここ数年のことですよね。まだ実際にそれをプレイしたことはないのですが、近い将来、ITの発展によって、本当に現実との区別ができないほどのゲーム機が開発されたら・・・?

そう考えると、ゾーっとしてきますね・・・。

それにしても、30年も前にこのような発想の小説が書けてしまう岡嶋二人先生、スゴすぎます!

【評価】

★★★★★

【映像化】

1996年にNHK教育テレビのジュニアドラマとして、主演の上杉彰彦を国分博さん(当時ジャニーズJr.)、ヒロインの高石梨紗を中山忍さんで全10話構成で放映されていたようです。知らなかったなー。もう一度、新たなキャストで映像化してほしいですね。破滅に導かれていく悲劇の主人公は、抜群の演技力が光る神木隆之介さんにぜひ演じていただきたいです。純粋で一途なヒロイン役は、黒島結菜さんにぜひお願いしたいです。

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!

 

 

キウイγ(ガンマ)は時計仕掛け 【森博嗣】 (2013)

f:id:ogihara0308:20170411012442j:plain

【あらすじ】

建築学会が開催される大学に、「γ(ガンマ)」の文字が刻まれたキウイがひとつ届けられた。銀のプルトップが差し込まれており、あたかも手榴弾を模したようなそれは、誰がなぜ送ってきたのか。

その夜、同じくキウイを持った男に学長が射殺される。そして犯人を絞り込む間もなく、第二の殺人が起きる。犀川創平、西之園萌絵はこの事件の謎が解けるのだろうか・・・

【感想など】

この作品は、森博嗣氏の「Gシリーズ」と呼ばれる一連の作品の中の一作です。氏は、他にも「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」「四季シリーズ」などのシリーズものを執筆しており、実に多作な作家として知られています。

シリーズものということで、この一冊だけの評価というのが非常に難しいですね。登場人物の人となりが他の作品で語られていたり、事件の伏線の種明かしが他の作品で行われていたり、と、他の作品を知らない方が突然この一冊を読んでも、「はあ?」で終わってしまうことでしょう。

森博嗣氏は工学の博士号を取得しているバリバリの理系人間で、その作風も独特の味があります。情緒的なくどい言い回し過多の表現に縛られることなく、簡潔でスッキリとした文章で、非常に読みやすいのが特徴と言えるでしょう。

キャラクターも非常に魅力的です。特に、この作品にも登場しますが、多くの作品に探偵役で登場する、N大学教授の犀川創平、N大学建築学科の学生(後に准教授になる)の西之園萌絵の二人の佇まいというか空気感が独特で、作品全体の(殺人という事件が題材でありながらも)柔らかい、穏やかな雰囲気作りに欠かせないキャラクターとなっています。

森博嗣ワールドを体感してみようという方は、ぜひ「S&Mシリース」から読み進めてみてください。きっとハマってしまうこと間違いなしです。

【評価】

★★★★✩

【映像化】

「S&Mシリーズ」の「すべてがFになる」が、2014年にTV連続ドラマで放映されました(同シリーズの他の作品も含めて)。キャストは、犀川創平=綾野剛さん、西之園萌絵武井咲さんでした。なかなかいい配役だったのではないでしょうか。特に、武井咲さんのフワッとした感じ、清潔感が西之園萌絵にピッタリでしたね。

読んでみたいと思ったら、こちらをクリック!